脱私即的 

この言葉は、青山繁晴氏が提唱されておられる造語です。「私心」を消すということは人間である以上できることではありませんが、とかく私心に走りやすい自身から脱することに心を致して、物事の本来の目的は何だったのかを常に意識して行動すること、これが脱私即的の意図している概念です。 

私心を脱して他人のために尽くそうという個人が少しでもいる組織は絶対的に強い、そして、強くて生氣のみなぎる会社創りのお手伝いをさせていただきたいと思っています。

就業規則の英語訳の作成も承っております。

事務所所在地 〒111-0035
東京都台東区西浅草3-28-14-1305
TEL/FAX 080-4165-1305/03-3845-0513
経歴・実績 大学卒業後、法律家になる夢はあっけなく諦めて大手証券会社に就職。国際金融マンを目指して海外現地法人を渡り歩く。この間、ゴルフと仕事に熱中するも、本社からは糸の切れた凧と見なされていたことに気付かないまま10余年の駐在員生活を続け、世界に誇る日本的経営からずれまくりの体質を獲得。 

海外ボケしている間にも、国内では泡沫経済崩壊後の景気後退が進行し、都市銀行、長信銀を含む多くの金融機関が破綻した金融危機を経て帰国。長い駐在員生活で身についた個人主義的傾向は、チームワーク重視の日本的な仕事環境に順応できず、目標を見失う。 

やる気をなくし、そのため大した仕事もできないという悪循環に陥って、次の仕事も決めないまま大企業を退職。たまたま帰り道に目に付いた資格の予備校で社会保険労務士の受験勉強を始める。久々に新鮮な気持ちで勉強を始めるも、株式売買に手を染めてこちらにはまってしまい、1年目は準備不足で不合格。2年目は、万全の準備で臨んだつもりだったが、「社会保険一般常識」で史上最悪クラスの問題に苦しめられ(註:社会保険労務士試験は、科目ごとに足きりが行われる)、これで不合格ならこんな資格はこちらからお断りと思っていたところ、なぜか合格。天のお導きと都合よく解釈して、社会保険労務士を生業にすることに決める。 

とはいえ、いきなり開業は思いもよらず、修業先をさがしていたところ、偶然社労士を募集していたコンサル会社に所属することになり、そこから大手信託銀行の企業年金管理業務に助っ人としてしばらく従事。年金関係の仕事が終わると、新興企業の就業規則整備の請負など社会保険労務士としての経験を積む中で、働くことの意味は「他人のために与えたものが得たものである」ということの中にあると確信。このころには、個人主義の呪縛も解けて日本的経営を心から見直す心境になる。 

平成22年に社会保険労務士資格を勤務から開業に変更。第5回紛争解決手続代理業務試験にも合格して、付記つきの特定社会保険労務士として、事務所の活動を開始する。同年10月より平成28年まで、日本年金機構の年金特別アドヴァイザーを務める。

平成24年9月より支部、社会貢献委員会社会教育部会委員、平成29年8月より東京都社労士会、危機管理委員会委員。

保有資格 特定社会保険労務士 
証券アナリスト協会検定会員
得意業種 金融・証券・保険業
医療・保健衛生業
人材派遣業
得意分野 労働保険・社会保険の手続 賃金制度・人事制度全般
国民年金・厚生年金 社員教育・能力開発など
会社の人事・労務 労働問題・労使関係
給与計算 紛争解決手続代理業務
公的助成金 セミナー講師
成年後見人 社労士試験対策
会社に必要な規則の作成 文章執筆
確定拠出給付年金・中小企業退職金共済  
対応可能地域 関東甲信越
e-mail sr-yokote@yokoteoffice.com
WEB http://yokoteoffice.blog130.fc2.com/blog-entry-5.html
SNS

社労士インフォセンター